03-5602-9480

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Russian Russian

O1-275-6FI(波動異常予測の分析報告)

更新日:

量子波動器(O1-275ME)には、大きく分けて2つのメニューから出来ています。弊社のホームページ内で紹介はしておりますが、簡単な説明にとどまっておりますので、この記事では、詳細情報も含めて紹介していきたいと思っております。

波動異常予測の分析レポート

先ず初めに、量子波動器(O1-275ME)の体験に弊社へ来られる方達の目的は、自分の健康管理のために使いたいという方と治療院やサロンなどで顧客の健康状態を見るために使いたい方が約半々でお見えになります。

そんな方たちにとって、1番指標となるのが波動異常予測の分析レポートに成ります。このレポートは、O1-275MEの中の全データの中でも、短期的に見るデータではなく、中長期的に分析する内容となっているため、体内の波動的に不調な部位を把握するのに役立ちます。

量子波動器は、日本の場合は、医療器具として認可を得ている器械ではありません。薬機法と言うとても厳しい法律があるので、あくまでも病名を診断するものではなく、目安としてしか伝えることが出来ない難しさがあります。しかし、慢性的に体調不良などの自覚症状が有る方は、このレポート内容の詳細に驚かれています。

予測健康分析項目

この項目では、1~6段階評価で各器官の分析の詳細が示されています。かなり専門的な分析項目ですが、各器官や各細胞の役割と機能などを資料を見ながら見ていくことで、だんだんと理解し始めると自信をもっていろいろな方の分析をして的確なアドバイスが出来るようになります。

6段階評価の分類基準について

分類1表示:最も良い状態になっています。

分類2表示:良い状態になっています。

分類3表示:普通の状態になっています。

分類4表示:半健康な状態になっています。

分類5表示:軽度な異常状態になっています。

分類6表示:異常な状態になっています。

※日本の薬機法に基づいた表現を用いて、的確に表現していただける様お願いします。あくまでも病気を見つけたり診断をする道具ではありません。

 

-5.製品, 8.オールワン
-, , , ,

Copyright© レアシード , 2020 All Rights Reserved.