03-5602-9480

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Russian Russian

医療大麻として期待されるCBDとは

更新日:

世界で最も使われている医学・生物学系の学術データベースである「メッドライン」によるとCBD(カンナビジオール)に対する論文だけで、1000論文以上の研究が行われています。医療的に信頼性が高いデータとしては、動物やヒトに対しての臨床が行われたものに成ります。CBDに関しては、臨床試験を実施したデータが数多くとられていて、信頼性が高いデータであると言えます。今後医療の現場においても期待がもたれている疾患について列挙していきたいと考えています。

CBDに期待が寄せられる疾患例について

■レベル1、物凄く期待の高い疾患

・進行性ガンに伴う痛み ・皮膚ガン(非黒色腫) ・不眠症 ・神経障害(エイズ関連) ・胃食道逆流症 ・線維筋痛

■レベル2、期待の高い疾患

・全身性硬化症 ・創傷(手術後)・消化管炎症性疾患(総合) ・脊髄損傷 ・痛み(全般) ・痒み ・咳(総合) ・化学療法に伴う悪心、嘔吐 ・嘔吐(総合) ・糖尿病性潰瘍 ・皮膚炎、湿疹 ・統合失調症 ・トゥレット症候群

■レベル3、期待の持てる疾患

・不安 ・パーキンソン病 ・喘息 ・うつ病

・多発性硬化症 ・関節リウマチ ・片頭痛 ・肺疾患(総合) ・神経疾患(総合) 脳血管障害 ・肝炎 ・炎症性疾患(総合) ・てんかん発作 ・ウイルス感染症 ・つわり ・心臓病 ・骨肉腫 ・精神疾患(総合) ・皮膚疾患(総合) ・炎症性腸疾患 ・皮膚疾患 ・筋萎縮性側索硬化症

■レベル2、今後の臨床に期待が持てる疾患

・食欲不振 ・高血圧 ・アルツハイマー病 ・子宮内膜症 アテローム性動脈硬化症 ・子宮頸がん ・抜け毛 ・多毛症 ・心臓血管の健康 ・アルコール依存 ・心的外傷後ストレス(PTSD) ・関節炎 ・糖尿病 ・産科、婦人科(全般) ・緑内障 ・ジストニア ・アンチエイジング ・肝臓ガン ・膵臓ガン ・歯周病 ・乳がん ・肺ガン ・ガン(全般) ・骨粗鬆症 ・性欲 ・乗り物酔い ・細菌感染など

※The Cannabis Health Index(2013)によるものをまとめたものです。実際に医療現場において効果があったものではありません。

CBDは、ここ数年では、海外の薬品メーカーが日本において数多い医療特許を取得している現実があります。日本も早いタイミングでの医療大麻解禁やCBDやTHCに対しても寛容になることを望みます。戦前の日本では薬局で喘息の薬として大麻が販売されていた事実があります。また、古くから日本の神事では、麻は切っても切れない関係にあります。世界的に大麻合法の波が押し寄せています。違法と言う括りではなく合法の括りとして正しい大麻の在り方をつこっては如何でしょうか?

 

-10,CBD99
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© レアシード , 2020 All Rights Reserved.