03-5602-9480

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Russian Russian

ALLONE(オールワン275)開発年表

投稿日:

特許取得

量子波動器とは、東洋医学の経絡や経穴の神秘性を測定して現代医学に生かす事は出来ないかとピーターマナーズ博士の研究により完成いたしました。

サイマティクスと名付けられて研究が始まりました。後にマナーズサウンドなどと名前を変えて今も医療の分野で貢献しております。

ピーターマナーズ博士は、ドイツやロシアでも教鞭を執っていたことから、バイオレゾナンスやメタトロン、ニュースキャンなどへと発展して行きました。

Allone(オールワン275)を開発したDr.William Lu(ルー博士)は、ドイツやロシアでの共同研究に量子物理学の観点から東洋医学を量子化して経絡やチャクラなどを含む多くの部位を分析可能にしました。

今までの量子波動器は、全て音波による分析と調整でしたが、Allone(オールワン275)は世界で初めて生体電子エネルギーに近い微弱な電波による分析と調整に成功いたしました。

また、ウエラブルデバイスとアプリを連動させてクラウド上のビックデータをAI(人工知能)に管理させることで、アップデートするだけで常に最新のコンディションを実現しました。

※アプリの変更やアップデートは無料です。(現在はアップデートは無料で行っていますが、いずれ年会費性に成る予定です。)

 

【ALLONE(オールワン275)開発年表】

 

1996年   ALLONEの統合型医学研究所設立 

1997年   日本、ドイツと協力して2万件の臨床研究を実施

1998年   核磁気共鳴細胞修正情報水延べ2,000人の臨床試験論文を発表

2000年   中国医学ホログラフィー虹彩診断法延べ10万人の研究論文報告を発表

2002年   台北圓山飯店にて第一回アジア量子医学ゼミナールを開催

2003年   透過型虹彩診断法の臨床研究論文報告を発表

2004年4月  虹彩レーザー鍼治療法の臨床研究報告を発表
    5月 4D-QRS核磁気共鳴虹彩総合診断法を発表
    7月 統合型超前予防医学の四通八達健康療法を発表
    8月 全身274種の細胞の健康分析治療システムを開発

2005年~   延べ3万件の臨床実験を行い、量子共鳴技術を用いて
 2010年   採食が人体の健康に有益であることを証明

2011年~   延べ48万件の臨床実験を行い、人類の274種類の細胞の
 2014年   スペクトルを分析し、クラウドデータベースを確立

2015年    装着型微弱核磁気共鳴分析技術を発明

2016年    O1-275検測型人工知能細胞により中国で180万件の臨床実験
       VR AR MR人体細胞複合実現世界実験に成功

2017年8月 O1-275ME日本発売開始 

   10月 台湾特許取得 特許第 601527号
      外骨格型ロボット計画を始動
     ロシア発明特許取得 特許番号 2671070 

2018年5月  O1-275ME新機種発売開始

2019年1月  中国特許取得 特許番号 ZK201680000432.X
         5月  O1-275-6FI(新アプリ始動)
        O1-276PE(個人専用デバイス)発売開始
   8月  日本特許取得  特許番号 6575768
    10月  アメリカ特許取得 特許番号 10189312

2020年10月 ウクライナ特許取得 特許番号 120610
   12月 O1-UFO(新アプリ始動)
      虹彩分析体験センターのメニューオープン 

 

 

 

 

 

-7.量子波動器オールワン
-, , , , ,

Copyright© レアシード , 2021 All Rights Reserved.