03-5602-9480

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Russian Russian

CBDは、ECS(エンド・カンナビノイド・システム)を活性化する

更新日:

ECS(エンド・カンナビノイド・システム)と言う言葉を初めて聞く方も多いのではないでしょうか。動物の体内には地球と言う環境の中で生きていくために備わっている機能があります。今まではこの機能の事をホメオスターシス(恒常性)と言う機能であると学生の頃習った記憶がある方も多いと思います。

ホメオスターシスの機能=身体調節機能を支えているいる機能がECS(エンド・カンナビノイド・システム)と言っても過言ではないと考えます。運動神経などにも大きく関わっているECSは、それ以上に重要な働きかもしれません。

ECSは、食欲、痛み、炎症、免疫機能調整、感情コントロール、運動機能、発達と老化、認知と記憶、神経保護、骨の健康、新しい神経細胞の形成、脂肪と糖分の処理、ホルモンバランスなど健全に生きていくために欠く事のできない機能に、大きく関与している物質なのです。言い換えると、人は老化と共にこれらの機能が低下することによって、いろいろな病気や不定愁訴を訴えていることになります。

ECSは、1990年代に発見された「アナンダミド」と「2-AG」と呼ばれる体内カンナビノイドとそれらと結合する神経細胞上に多いカンナビノイド受容体CB1と免疫細胞上に多いカンナビノイド受容体CB2などで構成され、全身に分布しています。

最近の研究により明らかになってきた重要な事柄として、ECSは、外部からの強いストレスを受けたり、加齢によって進む老化によって、CBD(カンナビジオール)の働きが著しく弱り、「カンナビノイド欠乏症」になることで、全身の各機能の低下に繋がり、様々な疾患になることが明らかになってきました。

CBDを摂取することで、全身にある受容体に直接的に働きかけることで、本来のECSの働きを取り戻す事が出来ます。そして、身体の本来の機能を実感する事でしょう。

-4.健康情報, 5.製品, CBD99
-, , , , , , , , ,

Copyright© レアシード , 2020 All Rights Reserved.