お釈迦様の時代から語り継がれる幻の万能薬、“醍醐(ダイゴ)”

Daigo+ダイゴプラスの有効成分は、お釈迦様の時代から語り継がれる万能薬成分

乳酸菌が産生する代謝エキスを醍醐(ダイゴ)といい、別名『乳酸菌生産エキス』と言います。

醍醐は、お釈迦様が残した『大般涅槃経だいはつねはんきょう』の中に製造工程が記されていて、「若し服すること有る者は衆病皆除こる、所有の諸の薬は、悉く其の中に入るが如し…」という言葉があり、醍醐が当時の “万能薬” のごとく扱われ、人の健康に大いに寄与することを表しています。

当時の醍醐は牛乳を煮詰め、熟成させて作られるチーズのような高級食品だったと考えられていて、まさに『幻の食品』でした。

幻の万能薬を、さらに改良したDaigo+ダイゴプラス

この幻とされてきた醍醐を、現代に蘇らせたのが、Daigo+ダイゴプラスです。
たっぷりと配合、乳酸菌のパワーを最大限に活用します。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

健康アドバイザー 1963年東京生まれ。健康業界に26年間身を置き、全国各地で健康セミナーや講演活動、健康食品のプロデュースも行っている。遺伝子専門家が集まる一般社団法人 臨床ゲノム医療学会認定の現役・ゲノムキャスターでもある。 長年の研究と経験、幅広い知識を総合し、カラダ作りの基礎として『腸を健康にすること』『体温を上げること』『酵素を摂ること』の3つの健康法を提唱している。