腸は第2の脳

「腸は第2の脳」

このような言葉を聞いたことがありませんか?

中には、腸が脳?と、こんなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、この言葉には根拠があります。

感情の元をつくり続けている腸

近年いろいろな研究が進み、口から肛門までの腸管(約9m)には、およそ1億個もの脳細胞が存在することが分かっています。これは、脊髄や末梢神経よりもニューロンの数が多いことになります。とくに食道や胃腸に多く存在する迷走神経を使って、感情に関する情報を腸から脳に運んでいることも解明されてきています。そのほか、感情に影響力のあるドーパミンやセロトニンというホルモン群の90%も腸が作っています。

女性の喜怒哀楽の表情

このように、人がやる気になったり、喜んだり、幸せを感じたりする感情は腸と深くかかわっています。腸が脳を動かしていると提唱する科学者まで出てきています。どのような食べ物を摂るかによって腸内環境環境に変化が起こり感情のコントロールまでができてしまうということです。

ダイエットの失敗も成功も、腸が鍵を握る

また、腸管には1億個の脳細胞があるため、依存の性質もあるそうです。

皆さんが無意識に脂肪を多く食べているとドーパミンが多く作られてうれしい気持ちで満たされます。何度も何度も繰り返しているうちに脳が気持ちよくなるために脂肪をほしがる様になり、無意識のうちに肉依存症となり、やたらと肉を食べる人になり、やがて肥満体質になります。
同様に、炭水化物を多くとるとセロトニンが増えるので幸せな気持ちになります。嫌なことがあったり、ストレスがたまると炭水化物に手を出していませんか?

炭水化物が大好きな女性の好物

現代人の食習慣を考えてみてください。実はあなたも、腸と脳が脂肪と炭水化物依存症になっているかもしれません。強い意志をもって腸内環境を整えて健康的な身体を取り戻してくださいね。

腸を整えるダイゴプラス

レアシードの腸活サプリ ダイゴプラスは、腸内環境を良好にする乳酸菌とともに、『乳酸菌生産物質』と呼ばれるエリート乳酸菌が代謝した有効成分を配合しています。腸に到達した食物がきちんと消化・吸収・排泄が行われるように腸内フローラのバランスを善玉菌優勢にします。

また、日本人が古来から食べ続け、食変化で現代では口にする機会が減っている国産の原料から生きたままの酵素をそのまま残存させています。ダイゴプラスに含まれる食物酵素が消化を助けるだけでなく、内臓器官が元気に働くように代謝を助けます。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社レアシードは、天然成分・無添加にどこまでもこだわった健康食品を開発、販売しています。 素材にトコトンまでこだわって作る“高い原価の製品”と、製品のファンが増えることで利益を得ていく“薄利多売の精神”の両立を心掛けています。 安心・安全・本物の健康食品を皆様にお届けできるよう日々、製品の改良を続けています。