体臭が心配、、臭いの原因を元から断つ方法を教えます

夏場は汗をかくと汗臭くなったり、加齢とともに体臭が気になりだしたりしますよね。
でも体臭の原因て何だろうと思うことはありませんか?

嫌な臭いが出る原理

まず体臭に限らず、臭いを発する事にはいつも酸素が関わっています。食べ物でも、腐敗(酸化)が始まれば悪臭を放ちますが、発酵が始まれば芳醇な香りに変わります。

では、体臭についてはどうでしょうか。

体臭の原因

人の体はお肌を乾燥や外界の異物から守るため、皮膚の表面に薄い皮膜を作ります。この皮膜を皮脂と呼び、原料は体内に存在する『不飽和脂肪酸』です。この不飽和脂肪酸はとても酸化しやすいもので、体内で既に酸化をしてしまえば、もちろん体外へ出た時にも異臭を放ちます。不飽和脂肪酸が酸化して生む臭いについては、いくら清潔にしていても食い止めることはできません。

菌がより体臭を強くする

皮膚の表面には常在菌という菌が生息しています。汗をかいて湿気を伴うと、酸化のスピードと威力が増し、常在菌が増え、肌は菌の温床となります。ですから体臭を抑えるためには、先ず身体を清潔に保つことが重要です。

水素の入浴材が解決

そんな時、身体の中と外の酸化を同時に食い止めてくれるのが、 “水素の入浴材” です。浴槽内に入れた水素発生材が大量の水素を放出し、浴槽内のお湯に溶け込みます。身体の細胞よりも小さい水素は、肌の表面をケアした後、真皮、血管へと浸透していきます。

水素の入浴材であれば、浴槽のお湯の水素が皮膚の表面をケアし、体内に吸収した水素分子が全身の酸化を防ぐので、臭いの元から断つことができます。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

健康アドバイザー 1963年東京生まれ。健康業界に26年間身を置き、全国各地で健康セミナーや講演活動、健康食品のプロデュースも行っている。遺伝子専門家が集まる一般社団法人 臨床ゲノム医療学会認定の現役・ゲノムキャスターでもある。 長年の研究と経験、幅広い知識を総合し、カラダ作りの基礎として『腸を健康にすること』『体温を上げること』『酵素を摂ること』の3つの健康法を提唱している。