つらい便秘に!リバウンドなしのダイエットにも!生酵素と乳酸菌エキスのW配合!! 腸活サプリ Daigo+

腸まで到達する乳酸菌生産物質。国内最高峰の生きた酵素。将来も安心、天然成分100%。リバウンドなしで痩せたい。つらい便秘解消にも。腸活サプリ Daigo+(Daigo+(ダイゴプラス))

腸活サプリ Daigo+ダイゴプラスで腸内環境を整えると、メリットがたくさん!

腸内環境(腸内フローラ)を整えると体内の多くの内臓機関や組織の免疫力が高まります。腸を元気にすることは、成人病から身を守ることにもつながります。

腸内環境を改善すると得られるメリット

  • 太りにくくなる
  • エネルギーを消費する体になり、内臓脂肪の解消になる(メタボに効果あり)
  • 便秘になりにくくなる(便通の促進)
  • 高血圧の予防に(コレストロールの低下)
  • 基礎体温が高まる(※体温が1度下がると代謝が約13%下がります)
  • 血行が良くなり、血液量が増え、細胞に十分な酸素と栄養が供給される
  • 新陳代謝が活発になり、細胞レベルから若々しくなる
  • 風邪やインフルエンザにかかりにくくなる(病気になりにい丈夫な体になる)
  • 花粉症予防や症状の軽減、アレルギーに強くなる
  • がんの予防
  • 肌に免疫機能が備わる
  • 紫外線など外部からの刺激から皮膚を守る
  • シミ・ニキビに!肌荒れ対策に
  • ストレスなど内部から起こる肌トラブルから皮膚を守る(ストレスに強くなる)
  • アトピー性皮膚炎に効果的
  • 口臭予防

生きた酵素がたっぷり

基礎代謝UPに欠かせない、生の酵素をたっぷりと配合!

Daigo+(ダイゴプラス)には、豆類、玄米、緑黄色野菜、芋類、海藻、果物がしっかりと含まれています。天然成分のままで。

酵素は、体内の化学反応すべてに関わる大事な要素です。代謝のすべてに関与していて、基礎代謝UPには欠かせない存在です。もし仮に体内から酵素が無くなると、すべての生命活動が停止してしまいます。

Daigo+ダイゴプラスは、生きた酵素を摂取できるのが特徴ですが、その原材料は、玄米のほか、緑黄色野菜や根野菜など、栄養素が高いとされる原材料を数多く使用しています。多品目を入れていますから、非常にバランスの取れたサプリメントであるにもかかわらず、どなたでも飲みやすい味にしています。

粉末状にしたダイゴプラス

実は熱に弱かった酵素!

酵素は非常に熱に弱く、48℃で不活性化し、70℃を超える熱を加えると全滅してしまいます。煮たり、焼いたり、炒めたものばかりを食べていると、代謝を行う酵素が不足しますから、どうしても太りやすい体質が出来上がります。

酵素入り食品の製造方式の特徴

世間で販売されている酵素入りを謳う健康食品の商品は、粉末だったり、ゼリー状やペースト状、液体のものが大半です。その他にも、酵素入りドリンンクや野菜ジュースなどについては、以前のようなストレート果汁は目にしなくなり、大半が濃縮還元ジュースになっていますが、これらの商品の実態はどうなのでしょうか。

通常、液体の商品を販売するには消費者が食中毒を起こさないようしっかりと殺菌をする必要があることが法律で定められており、最終工程で加熱をしてから出荷します。また、粉末の製品ついては、熱風で乾燥させて粉にするのが一般的です。
上で述べたように、酵素は熱に弱いものですから、熱を加える製造加工を採用している時点で酵素は破壊されてしまっているはずですし、製品化されている時点で、酵素が全滅している可能性が非常に高いです。

また、液状のものは輸送コストを削減するために、加熱して水分を減らし、濃縮したものを後から還元してることも多く、酵素の残存は期待できません。原材料の段階では酵素がたくさんあっても、商品として手元に届く時には酵素があるかどうかは別問題なのです。


非加熱製造のDaigo+ダイゴプラスなら、酵素がしっかりと生きている

逆転の発想!熱を加えず、冷やして乾燥させて酵素を保存!

その点、Daigo+ダイゴプラスは、熱を加えないフリーズドライ製法(風味・味・栄養を損なわい真空凍結乾燥技術)で製造しています。この方式は、凍結を行った後に水分を昇華させて粉にしますので、熱を加えないので原材料に含まれる生の酵素がほぼ100%の状態でしっかりと残っています。

フリーズドライにしたイメージ写真

製造方式別の特徴まとめ

Daigo+(ダイゴプラス)のパッケージイメージ

フリーズドライ
※ダイゴプラスの製造方法

フリーズドライ製法は、手間と時間とコストをかけて冷凍・乾燥をさせる製造方式です。水分を含んだ食品や食品原料をマイナス30℃で急速に凍結させ、さらに減圧して真空状態で水分を昇華させて乾燥させます。熱を加えないためビタミンなどの栄養成分が生きた状態で残っており、風味の変化も少ないため、保存食としても重宝します。

粉末(スプレードライ製法)のイラスト

スプレードライ製法
※一般的な粉末製品

安価で大量生産に向いていて、数多く販売されている商品はこちらの製造方式になります。ほとんどの酵素入りサプリメントのほか、人気の青汁などもこちらの製造方式になります。野菜や果物などのジュースを噴霧した後、高熱の風で一瞬にして乾燥、粉末にするスプレードライ製法と呼ばれる製造方式になります。高温の熱風を吹きかけるので、酵素が死滅してしまいます。

ドリンク、ペースト、ゼリー状の製品イラスト

ドリンク、ペースト状、ゼリー状の製品

ドリンクやゼリー状のものは、すべて加工時・製造時に熱による殺菌処理がなされます。
酵素が生きているとガスを発生させるために瓶の蓋が盛り上がり、パッケージが破裂してしまう危険があります。ですので製造メーカーは瓶詰めが完了した後に加熱をして熱殺菌(100℃)処理を行います。酵素は70℃で死滅しますから、出荷時にはすべての酵素が失われています。 ※殺菌処理を徹底するよう法律でも定められています。

濃縮還元ジュースのイラスト

濃縮還元ジュース

原材料の果汁は輸入物です。海外輸送に使用する大型タンカーで大量の果汁を運びます。輸送コストを大幅に下げるために、果汁を十分に加熱をして水分を飛ばし、総容積を減らします。タンカーに積載する前から酵素は破壊されています。どうしても風味が損なわれるため、香料など添加物も加えています。

ストレート果汁のイラスト

ストレート果汁

ストレート果汁では一般に風味が良い(より生の果実に近い)とされています。ただし栄養価に関しては、製造の工程で衛生の観点から加熱殺菌が行なわれるため、熱に弱い栄養素が死滅してしまいます。

エリート乳酸菌のチカラ

乳酸菌のエリートが生産した代謝産物が腸を元気にする!

乳酸菌生産エキスだから腸まで有効成分をしっかりと届けます。一般的な乳酸菌の多くは胃液で死滅(効果は弱まりますが、死菌でも作用はしてくれます)しますが、ダイゴプラスは強い乳酸菌のエリートを掛け合わせて作った、言わば乳酸菌のサラブレッドと呼べるエリートもそのまま配合。腸まで確実に届くエリート乳酸菌と有効成分で、あなたの腸をしっかりと元気にします。

腸内には100〜3,000種類以上、100兆〜1,000兆個の細菌が棲みついています。その細菌の種類毎でそれぞれの集団を作っていて、これを『腸内フローラ』といいます。

乳酸菌は乳糖やブドウ糖を使って、乳酸などの有機酸を作り出す細菌の総称です。乳酸菌が作り出す乳酸や酢酸の有機酸は、腸の蠕動運動を活発にして、悪玉菌が作り出した腐敗物質(発がん性物質など)を便として体外に排出します。

ですが、乳酸菌(生菌)そのものが腸に入っても、もともと腸内に棲んでいる菌とは異なるため、摂っても腸内で増殖・定着せずに、通過菌として体外に排出されてしまうことが、分かってきました。

腸までしっかり届けるエリート乳酸菌と有用成分を配合。あなたの腸内フローラ内の善玉菌を確実に増やすDaigo+ダイゴプラス

そこでDaigo+ダイゴプラスは、胃酸で確実に死滅する一般的な乳酸菌(死菌でも腸で作用はしてくれます)を入れるのではなく、乳酸菌の代謝エキスそのもの(乳酸菌生産物質)を使用しています。有用成分ですから胃酸で死滅することもありません。さらに、強い乳酸菌のエリートを掛け合わせて作った、言わば乳酸菌のサラブレッドと呼べるエリートもそのまま配合。腸まで確実に届くエリート乳酸菌と有効成分で、あなたの腸をしっかりと元気にします。

乳酸菌生産物質は、腸が欲する有用成分ですから、腸まで確実に到達し、腸にしっかりと作用します。あなたの腸内フローラ環境で善玉菌を増やし、腸が活発に活動するバランスに整えます。そして腸が本来の栄養の吸収と排泄を活発に行うようになり、結果、便秘が改善、必要な栄養素と不要な排泄を行われるので、新陳代謝が活発になり、肌や内臓器官が元気に回復していきます。

研究所内でエリート乳酸菌を培養し、有用成分を抽出しています。

乳酸菌生産物質とは

数多い乳酸菌の中から、とくに強い乳酸菌・ビフィズス菌を厳選(16種類35株)して掛け合わせ、より強いエリートの乳酸菌を研究所で作り出しました。研究所内ではヒトの腸内と同じ環境を再現し、このエリート乳酸菌を培養し、腸内で腸に作用する有用成分を抽出したものを、ダイゴプラスに閉じ込めています。

機能性

いつでも、どこでも、気軽に摂れる安心感。

コンパクトで軽量。いつものバッグで気軽に持ち歩けます。

Daigo+ダイゴプラスは、皆様に末長く愛用していただきたいので、ご愛用者から生のご意見をいただき、より使いやすい製品へと、日々、改良を続けています。

Daigo+ダイゴプラスの特徴

管理がお手軽

  • 面倒な温度管理が不要で、冷蔵保存しなくても品質が劣化しません
  • 常温保存可能でとてもお手軽に管理できます。外出時の携帯も温度管理をしなくてよく、毎日、気軽に持ち歩きできます。
  • 包装を銀仕様にして劣化を最小限に止めるよう、配慮しています。
    ※直射日光の当たる場所へ放置しないでください。

携帯性

  • ご自宅でも外出先でも、どこでも気軽に摂れるよう、劣化しづらい銀色の包装に配慮しています。
  • 包装を極力シンプルにし、印字をしないため、人前でも気にせずに取り出せます
  • 包装に無駄なコストをかけず、製品の質に最大限こだわっています。
  • 非常に軽くサイズもコンパクトで、いつもの小さなバッグに入ります。

腸まで到達する乳酸菌生産物質。国内最高峰の生きた酵素。将来も安心、天然成分100%。リバウンドなしで痩せたい。つらい便秘解消にも。腸活サプリ Daigo+(Daigo+(ダイゴプラス))

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

健康アドバイザー 1963年東京生まれ。健康業界に26年間身を置き、全国各地で健康セミナーや講演活動、健康食品のプロデュースも行っている。遺伝子専門家が集まる一般社団法人 臨床ゲノム医療学会認定の現役・ゲノムキャスターでもある。 長年の研究と経験、幅広い知識を総合し、カラダ作りの基礎として『腸を健康にすること』『体温を上げること』『酵素を摂ること』の3つの健康法を提唱している。